お問い合わせ

筋膜整体『grit』

0527208591

お問い合わせ

ニュース

ニュース

筋肉が身体を支えている

ニュース

2019.05.09

筋膜整体 grit

パーソナル整体師中西 美保です。

 

GWもようやく終わり、日常に戻ってきていますね。

GW明けの特徴として、

予想外に仕事が忙しいための予約日の変更

連休中にケガ(骨折)をされたために静養されている方。

連休中に体調を崩れて(風邪・喘息)、通院されている方など。

 

また、予約はしていなかったけど、

体調が悪いため、施術を受けたいと再来院されてる方など。

私も予約表は手放せない感じの状況です!

 

さて、ご家族様からお紹介いただきました。

男性:症状 脊柱管狭窄症による下半身の痺れと冷え

年齢はご高齢ではありますが

現役で、お仕事されてます患者様。

検査では痛みもなく動きこそ、硬いですが

筋肉もしっかりしていていい身体。

 

施術に入っていきますと、

長年、腰痛を庇ってきたであろう

腰部周辺への、カチコチのコルセットのような

筋肉の張りに驚きます!

 

でも、神経系の痛みが出ていないのは

このコルセットのように巻かれた筋肉のコリの

可能性もあるため

本日は、基本に忠実の施術させていただきました。

まずはこの段階で、どう変化するかの確認です。

 

腰痛の方の特徴は

腰部の筋肉の張りが太い!

それは、腰部近辺の

臀部、腹部、など

一体化したように癒着が起きているからです。

腰部、近辺の部位をしっかり癒着を剥がしていきながら

身体の可動域を少しつづ、広げていきます。

背中や、脇腹(横隔膜近辺)にも癒着はあり

呼吸も小さかったと思われます。

 

全体に癒着はありますが

まずは表層部を取りながら、施術後の確認。

 

身体が軽くなった。

痺れは冷えを感じていたところも

あまり気にならないとの感想を。

 

長年、現役でお仕事してきている

蓄積された疲労は深部までありますが

1回の施術で効果があり、何より!

 

しかし、脊柱管狭窄症

神経を圧迫する症状です。

患者様が、現役で仕事をされているため

筋肉が年齢よりもかなりしっかりされています。

その筋肉がしっかり神経の圧迫を支えていることも

可能性になくはないため、

今回は、ここまでに。

次回、施術の時は、もう少し、深部に施術を進めていき

さらに身体の可動域が広がるように

施術していくプランを提供。

 

私もたくさんの

脊柱管狭窄症の患者様を施術してきましたが

やはり、筋肉大事ですね。

痛い!という理由などで

どうしても運動不足になり、筋肉量は低下してる

方は、筋肉を緩めることで圧迫が起き

痛みが増すこともあるのです。

身体を支える筋肉の大事さを改めて感じる

結果となりました。

 

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから